最初のページに戻ります。

総合の目次があるページに戻ります。

よく使うマニュアルです

Wiki

updated on 2004.06.23

16.43.EXCELマクロの登録方法

[ Previous ] [ HOME ] [ Upper ] [ Next ]


念のため、エクセルの真新しいシートに、マクロをセットする方法を書いておきます。ここでは、簡単なマクロだけです。尚、VBAはまた別なので、ここでは説明していません。マクロのみです。

登録したいマクロ

関連ページ:11.27.Excelで作成された帳票設計用紙(Spacing Chart)

Sub SetCell()
   
   Dim AA As Integer
   Dim DBCSSV As Integer
   Dim CC As Integer
   Dim RR As Integer
   Dim i As Integer
   Dim SBCS As Integer
   Dim DBCS As Integer
   Dim ADD As Integer
   Dim VL As Variant
   Dim Char As Variant
   
   VL = ActiveCell.Value
   CC = ActiveCell.Column
   RR = ActiveCell.Row
    
   For i = 1 To Len(VL) Step 1
         
         Char = UCase(Mid(VL, i, 1))
                  
         AA = Asc(Char)
         
         If (0 < AA And AA < 255) Then
            SBCS = 1
         Else
            SBCS = 0
         End If
         
         '0e 漢字の開始
         If (SBCS = 0 And DBCSSV = 0) Then
            Cells(RR, CC) = "@"
            'Cells(RR, CC).Font.ColorIndex = 8
            CC = CC + 1
         End If
         
         '0f 漢字の終了
         If (SBCS = 1 And DBCSSV = 1) Then
            Cells(RR, CC) = "@"
            'Cells(RR, CC).Font.ColorIndex = 8
            CC = CC + 1
         End If
         
         If SBCS = 0 Then
            DBCSSV = 1
         Else
            DBCSSV = 0
         End If
         
         Cells(RR, CC) = Char
         
         If SBCS = 1 Then
            ADD = 1
         Else
            ADD = 2
         End If
         
         CC = CC + ADD
   Next
    
         If (SBCS = 0 And DBCSSV >= 1) Then
            Cells(RR, CC) = "@"
            'Cells(RR, CC).Font.ColorIndex = 8
         End If

End Sub

登録方法

これを、新しいEXCELシートにセットしてみましょう。

1. 上のマクロをコピーして、メモ帳かなにかに貼り付けておく。

2. EXCELを起動する。

3. ツール(T) > マクロ(M) > マクロ(M) を選びます。

4. 新規にマクロを登録しますので、マクロ名 SetCellを入力して、「作成」ボタンを押します。

5. EXCELのシートの真上に、Microsoft Visual Basic 6.0の別のウインドウが立ち上がります。

6. ここに、先ほどコピーしておいたマクロをペーストします。Sub Setcell() End Subが二重にならないように注意しましょう。

7. これで、マクロが入りましたので、Microsoft Visual Basic 6.0のウインドウを、クローズします。

8. 下に隠れていたExcelのウインドウが、再び出てきますので、再度、ツール(T) > マクロ(M) > マクロ(M) を選びます。

9. 「オプション」ボタンを押します。

10. マクロ起動のキーをセットします。これで、完了です。

11. 試してみましょう。適当に1つのセルに入力してみます。

12. 入力後、Ctrl + a を押してみました。うまく動きましたね。

2001-6-24


[ Previous ] [ HOME ] [ Upper ] [ Next ]

You are at K's tips-n-kicks of AS/400

 

Ads by TOK2