THE BEACH BOY'S CHRISTMAS ALBUM 



[ HOME ]    [ CHRISTMAS RECORDS ]








1964年、すでに人気も絶好調だったBEACH BOYSはこの年の秋、人気アーティストであることのステイタスともいえる
クリスマス・アルバムを出すという企画が持ち上がりました。
すでに前年「Little Saint Nick」というクリスマス・シングルを発売していましたが、この曲も含めアルバムのA面には
ブライアン作の4曲のオリジナルのクリスマス・ソングとスタンダード・ナンバーの全12曲を収録して発売されました。

このアルバムの前年の1963年にはブライアンが敬愛するフィル・スペクターのクリスマス・アルバムが発売されており、
恐らくブライアンはあのアルバムにかなりのショックを受けたに違いありませんが、あのアルバムに比べると
ブライアン作のオリジナル曲をのぞけばその他のスタンダード曲はオーケストラを使ったわりとオーソドックスなアレンジがなされています。
いずれにせよ、どちらのアルバムも今やクリスマス・アルバムとしての高い評価を受けた定番アルバムになっていますね。


【 US stereo盤 】

US Capitol ST-2164 stereo 1964年10月発売。 mono盤もありますが、私は未所有です。 クリスマス・アルバムのわりには早々と10月のうちに発売されたんですね。 ジャケット写真はツリーに飾り付けをするBEACH BOYSのメンバー5人という、全くヒネリのない ストレートなジャケット(笑)。

インナー・スリーブは入れ替えられたようで、何の変哲もないプレーン・インナーなので省略。 レーベルはお馴染みのレインボ−・レーベル、マトは機械打ちで、A面がST 1-2164-W1、B面が ST 2-2164-W3、両面に「0」のような刻印があるので、イリノイ州ジャクソンヴィル工場プレスです。

【 UK 再発盤 】

UK Capitol CAPS-1014 stereo '70年代後期のプレスのようです。 ジャケットはコーティングされておらず、紙質もやや薄め。

インナー・スリーブは'70年代後半から使われていたEMIのインナー・スリーブ。 レーベルはパープル・キャピトルです。 マトはA面がCAPS 1014 A-1、マザー番号は「1」、スタンパー番号は"GR"で12番目のスタンパーから、 B面がCAPS 1014 B-1、マザー番号は「1」、スタンパー番号は"GG"で11番目のスタンパーからということになります。

【 US盤CD 】

1991年に発売されたUS盤CD。これ以前の'87年あたりに一度発売されていますが、 これがなぜかstereoミックスをmono化しただけのヴァ−ジョンでの発売でした。 この再発CDではstereoヴァ−ジョンが収録されていますが、手違いなのかそれでもmonoのままの曲が半分くらいあります。 この再発盤にはシングル・ヴァ−ジョンの「Little Saint Nick」など、4曲のボーナス・トラックが収録されています。

【 US盤CD / ULTIMATE CHRISTMAS 】

こちらは'98年発売、未発表音源を満載した全26曲入りのタイトルどおりのまさに究極のクリスマス・アルバム。 上記の「CHRISTMAS ALBUM」が全曲やっとオリジナルstereoで収録され、その他に'77年に発売予定だったものの、 結局発売中止になった2枚目のクリスマス・アルバムからの音源や未発表テイクなど、貴重な音源で構成されています。 買うならこちらのCDがオススメです。


 







Ads by TOK2