■ FRIENDS ■  
 

[THE BEACH BOYS' DISCOGRAPHYへ]



相変わらずのブライアン隠居生活中に作られた'68年発売のアルバム。隠居とは言っても、作曲やコーラスには地味に参加しています。
今回はメンバー全員が作詞・作曲に関わり、ブライアンなき穴を埋めようと一丸となっている様子が伺えます。
非常に穏やかで柔らかい印象があるアルバムで、元祖「癒し系」アルバムとして近年人気が高まっているようです。

この年、マイク・ラヴやアル・ジャーディンがビートルズといっしょにマハリシ・ヨギの瞑想による修行を受けにインドへ行っていますが、
その時の影響が大きく現れており、「Transcendental Meditation」などはその時の体験で作られたのではないかと思われ、
「Anna Lee, The Healer」はまるでマハリシのことを歌っているようで、内容は異なるものの、さしずめビートルズの「Sexy Sadie」のBB5版といった感じ。
かと思うと、「Buzy Doin' Nothin'」のようなボサノヴァっぽい曲や、スティール・ギターをフィ−チャ−したハワイアンのインスト曲「Diamond Head」なども
入っていて、トロピカルな印象も強い。ビーチ・ボーイズのアルバムの中ではやや異色な印象を持つアルバムかも知れません。

たったの25分あまりしかない短いアルバムですが、それゆえ繰り返し聴きたくなるという、一度ハマるとクセになるアルバムです。
是非お試しあれ。


【 US stereo盤 】

US Capitol ST-2895 stereo '68/6 発売 このアルバムからUSではstereo盤しか発売されなくなり、mono盤は存在しません。 ただし'65年の「BEACH BOYS TODAY」以降ステレオ盤は疑似sreteoだったBB5のアルバムも、 このアルバムからまたリアル・ステレオに戻りました。 ジャケはUS盤らしいノン・コーティングのA式。表・裏ともカラーでベースが黒いのが特徴です。
インナーは白いプレーン・インナーですが、これがオリジナルのようで、穴空きのものもあると思います。
レーベルはもちろんレインボー・キャピトル。 マトは手書きで、side 1がST-1-2895-A-3、side2がST-2-2895-A-3、 光沢のないちょっとザラザラした紙質のレーベルで、"*"が開いたようなような刻印があるので、 L.A.工場プレスです。
【 UK mono盤 】
UK EMI / Capitol T-2895 USでは'68年からmono盤が作られなくなったのでmono盤は存在しませんが、UKでは'69年までmono盤が作られていたため、 このアルバムにはmono盤が存在します。 ただし、ちゃんとmonoミックスされたものなのか、stereoマスターを単にmono化しただけのものなのかは判別しにくく、monoカートリッジで stereo盤とこのmono盤をかけて両方monoで聴き比べたところでは、何か違うような気がするものの、ハッキリとした違いは分かりませんでした。 ジャケはGarrod & Lofthouse Ltd.製の美しいコーティング・ジャケ。 右上の"Capitol"のロゴの下に"EMI"のロゴがあります。 裏ジャケは3方折り返しのフリップ・バックですが、ジャケ写真はモノクロです。 ジャケの下の方にはビートルズのUK盤でもお馴染みの"E.M.I.RECORDS HAYES MIDDLESEX ENGLAND"うんぬんのクレジットが。
左下に"PATENT Nos.1,125,555"、右下には"MADE IN GREAT BRITAIN"の文字が印刷された、プレーン・インナー。

レーベルはUS盤と同じレインボー・キャピトルですが、ここにもビートルズのUKオリジナル盤でお馴染みの 再版価格販売を表わす"SOLD IN U.K.~"のリマークがあります。




サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト


戻る    HOME





Ads by TOK2