■回転富士山音源洞穴■

要は音源アップロードの場です。
曲名クリックでストリーミングします。
なんとなく、聴いてみてください。



『Guitar Magazine』投稿音源

■リットー・ミュージックPRESENTS 最強プレイヤーズ・コンテスト2007■
完コピ部門 課題曲「COSMIC HIGHWAY」(2007.8.10)

ギターマガジン2007年6月号で開催された、誌上コンテストでの投稿。
今回はDEENのgt.田川伸治さんによる2つの音源のうち、
従来通りオケにギターフレーズを考えてダビングする「クリエイティブ部門」に加え
田川氏のギターを完コピする「完コピ部門」(そのままやん)が新設されました。

完コピ部門の課題曲「COSMIC HIGHWAY」はテクニカルフレーズ満載の難曲でありますが、
何を思ったか、今回は完コピ部門に挑戦してみました。

高速タッピング、ハーモニクスを交えたリフに続いて6弦スウィープ、
開放弦を交えてのレガート、エコノミーの高速フレーズ、ハーモニクスをアーミング、
速弾き、カッティング、ペンタトニックフレーズ…
「まるで、ギターテクニックのアスレチックコースやぁ〜!」(彦麻呂調で)
一生懸命練習しましたが、結果がこの録音に収められたレベルでした。
1ヶ月ほど練習して望んだテイクでありますが、
ま、元々スウィープもできなかった人間にしては頑張ったんじゃないかと…(笑)。

ギターはストラトです。ブーストでフルドライブ2を使用し、
POD2.0でシミュレートしてAW16Gで録音しました。


■Guitar Magagine Championship Vol.3 第3回誌上ギター・コンテスト■
課題曲1(2006.8.10)

ギターマガジン2006年6月号で開催された、誌上コンテストでの投稿。
HOUND DOGのgt.西山毅氏の作った音源にギターを重ねるという形式で、
往年のハードロックな1とAOR調の2から、1を選択しました。が、
音源には西山氏のギターが入っているのだが、音色がかなりハードで、
それにつられて思いっきりハードロックしてしまいました。

イメージは「レースゲームのBGM」。
スライドは「エンジン音」を表現していると思って聴いてください。(笑)
それほど速くない速弾きは、この時点の自分の精一杯のスピードでした。
やっぱりこういう曲調だと、速く弾かないとサマにならないんじゃないかと
踏ん張ってはみたものの・・・的な結果をお聴きください。

リフでレス・ポールを使っているのと、途中クリーンでのグレッチ6119以外は
全てストラトを使ってます。
スライドのソロとリフの一部以外は、POD2.0でのシュミレートです。


■リットー・ミュージックPRESENTS 最強プレイヤーズ・コンテスト■
課題曲「Many turns and twists」(2005.8.10)

ギターマガジン2005年7月号で開催された誌上コンテストでの投稿。
音源にギターを重ねる形式ですが、音源は沼澤尚らの生バンドによる演奏。
このグルーブ感、ファンク加減にどんなギターを弾いてやろうかと考えた挙句、
ヌーノ・ベッテンコートを意識して「ハードながらファンク」に弾いたつもりです。
いつもなら弾きまくるところを、とにかく「間」を気にしました。

ジェフ・ベックの真似とか、拍を変えてブルースバッキングとか、
遊び心もふんだんに盛り込んだつもり。
この頃はレスポールを使っていたので、音が随分モサっとしてます。

ちなみに、結果は一次選考通過どまりでした。





「スガPL(仮)」2008.5.4 音源

☆一曲目テイク1(mp3版 ストリーミング)

☆一曲目テイク2(mp3版 ストリーミング)

☆二曲目テイク1(mp3版 ストリーミング)

☆二曲目テイク2(mp3版 ストリーミング)

☆三曲目テイク1(mp3版 ストリーミング)

☆三曲目テイク2(mp3版 ストリーミング)






−洞穴から去る−
Ads by TOK2